長浜 奈津子

= 朗読 ・ 語り芝居の記録 =

2005〜2014年 まで


     
  =特別・朗読公演=

俳優座戦争とは...2015年
「ハウラの赤い花」 終了しました

公演についての、私のブログ

 
 
     
    

2014. 1月〜11月

朗読空間 〜ひとり語り〜


 其の三  1月 岡本かの子 「鮨」

 其の四  2月 岡本かの子 「愛よ、愛」より

    『巴里の秋』『巴里の唄うたい〜ダミア〜』『売春婦リゼット』『巴里のむす子へ』

 其の五    3月 永井荷風   「墨東奇譚」より 『玉ノ井夜想〜大江匡とお雪』

 其の六    4月 坂口安吾  『桜の森の満開の下』

 其の七  5月 岸田國士  『紙風船』『モノロヲグ』

 其の八  6月 芥川龍之介 『お富の貞操』『蜘蛛の糸』

 其の九  7月 樋口一葉  『にごりえ』

 其の十  8月 小泉八雲  『耳なし芳一』『破約』『乳母桜』

 其の十一 9月 宮沢賢治  『虔十公園林』『よだかの星』
                  『ロマンツエロ、有明、星めぐりの歌』

 其の十二 10月 夏目漱石  『文鳥』『変な音』

 其の十三 11月 中原中也


   =2014年12月、2015年1月は、俳優座公演出演のためお休み=


   其の十四 3月 坂口安吾   『桜の森の満開の下』 
         梶井基次郎  『桜の樹の下には』

 其の十五 4月 太宰治   『走れメロス』『葉桜と魔笛』

  

     
2013.11月〜12月

朗読空間 〜ひとり語り〜

 其の一 11月 泉鏡花「外科室」「海の使者」

 其の二 12月 泉鏡花「高野聖」

 <会場> 六本木ストライプハウススペース 地下Mフロア 

 〒106-0032東京都港区六本木5-10-33 Tel:03-3405-8108  Fax:03-3403-6354


     
2013.09.07  / sat pm14:00
 
一人語り芝居

ある晴れた夏の日−エルフとホビット− 作:辰澤敦史

「そこに着いたら、あるものを探してほしい…」 弟の手紙を持って、姉のエイコは森へやってきた。

出演:長浜奈津子  船橋 夏見公民館 集会室
 
     
2013.06.15  / sat  pm14:00
 
合唱 + うたものがたり
うたものがたり 「マメタ」 女声合唱団マーガレット 第23回定期公演

原作「モチモチの木」 合唱団 と 朗読 コラボレーション

出演 女声合唱団マーガレット 指揮:萩原道友 ピアノ:國保真理 

語り手/長浜奈津子

 

会場 杜のホールはしもと サイト ←クリック

  
〒252-0143

神奈川県相模原市緑区橋本3-28-1 ミウィ橋本7 TEL 042-775-3811

公演チラシ/拡大・公演詳細ページ ←クリック

       
 2013.06.14  / fri 
pm
18:00〜20:00

 
朗読+バンドネオン即興演奏
ホルヘ・ルイス・ボルヘス 「砂の本」  短編朗読

星野美智子さんの版画展の期間中開催のボルヘス迷宮忌の集い に参加 
会場 : ギャラリー・ウーゴス南青山 http://www.hugosalchemy.com/
所在地:東京都港区南青山5-3-10 FROM-1st #211   TEL:03-5774-0840


日本語朗読/長浜奈津子 スペイン語朗読/内田兆史 バンドネオン即興演奏/田辺義博
ギャラリー・トーク 土岐恒二野谷文昭星野美智子


   



 
     
2012.6.16   pm13:30 /  pm18:30
 

 JARDIN de BORGES

 「ボルヘスの庭Vol.2 音楽、朗読、身体表現によるパフォーマンス

 アルゼンチンの作家・詩人 ホルヘ・ルイス・ボルヘスへのオマージュ

 <日時> 2012616日 (土曜日)

 

 <会場> 六本木ストライプハウススペース 地下Mフロア 

 〒106-0032東京都港区六本木5-10-33 Tel:03-3405-8108  Fax:03-3403-6354

 

 <時間>・昼の部 開場13時/開演1330分  ・夜の部 開場18時/開演1830

 <入場料>¥2800

 

 <出演者>

 

   内田兆史(ホルヘ・ルイス・ボルヘスの研究家) スペイン語でのボルヘス詩の朗読。

 齋藤徹 (コントラバス奏者)  コントラバス即興演奏。

 沢のえみ(現代マイム俳優/演出家) ボルヘス作品を、マイム、ダンスで身体表現。

 田辺義博(バンドネオン奏者)  バンドネオン演奏とボルヘス詩へ作曲。

 長浜奈津子(舞台俳優/歌手)  ボルヘスの詩を日本語朗読。ボルヘスの詩を歌う。

 星野美智子(版画家) ボルヘス作品との心理的なコラボレーションで多く作品を創作

 

 <協力> 河浦正紀  <宣伝デザイン> 塚田やよい 

 

        
  

 

     
2011   pm14:00
 
一人語り芝居 + 音楽

父と暮らせば 作:井上ひさし 
「 おとったん…ありがとうありました…!」

出演 語り手/長浜奈津子 ヴァイオリン/古橋ユキ  船橋 夏見公民館 集会室

 
     
2010   pm14:00
 
一人語り芝居

モノロヲグ 作:岸田國士
 「…ラウちゃん、さよなら… またいつ会えるかわからないわよ」

出演 語り手/長浜奈津子  船橋 夏見公民館 集会室

 
     
2008.10.18  sat   pm19:00
 

ボルヘスの庭vol.1 〜朗読と音楽〜  ストライプハウス http://striped-house.com/

 

 〜スペイン語と日本語によるボルヘスの朗読と音楽が紡ぎだす、ボルヘスの世界〜

 

  ストライプハウスギャラリー 

  〒106-0032東京都港区六本木5-10-33-3F  Tel:03-3405-8108 Fax:03-3403-6354

 

  開演 19:00〜 2ステージ (終演後 懇親会あり)  料金 ¥2000 (ドリンク付)

 

  <内容>

  アルゼンチンの迷宮の詩人ボルヘスの詩を

  スペイン語と日本語の朗読、そこに音楽を絡めて

  独特な世界を作り上げます。

 

  1部 アルゼンチンをテーマにした詩

  2部 ボルヘスの家族や自身をテーマにした詩

 

  *朗読:長浜奈津子(日本語)内田兆史(スペイン語)

   演奏: 田辺義博 (バンドネオンとギター)

 

            

 

     
2007.10

ボルヘス詩朗読&ピアソラの演奏 金沢市民芸術村

 

 「ブエノスアイレス迷宮」 −ピアソラとフェレール、ボルヘス−

 

 <出演者> 田辺義博:バンドネオン 金益研二:ピアノ 長浜奈津子:歌
 <ゲスト>
 古橋ユキ:バイオリン 齋藤徹:コントラバス

 

      

     
2005〜2012   Jorge Luis Borges
 
音楽と朗読のコラボレーション


ボルヘスの庭  2005〜2012 ←クリック

7年間にわたる、ボルヘス朗読の記録 ライブハウスからホールまで

   
 
 
     

 

 

 

 長浜奈津子   ホームページへ